マイ野鳥図鑑

アクセスカウンタ

zoom RSS キレンジャクが1羽

<<   作成日時 : 2018/02/11 17:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

1羽のキレンジャクが見つかって大喜び
画像

前かぶりを避けると真下から見ることに
画像

河原に降りる時がチャンス
画像

ヒレンジャクの間で
画像

飛び上がりも
画像

河原の真上の枝に
画像

すぐに水に降りると予想して
画像

やっぱりヒレンジャク間に入って
画像

飛び上がったのは1羽で
画像

貴重なキレンジャクでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
キレンジャクはこちらでも貴重です。太平洋側は移動ルートから外れてるのでしょうね。
kamiyan
2018/02/11 18:29
何年か前、近くの公園に、多く入った時は、大勢のCマンが、来ましたっけ。
キレンジャクは、人気があるんですかね。
POPO
2018/02/11 22:23
飛びあがると尾羽の先の黄色が目立ちますね。先日、こちらではヒレンジャクが一羽だけでした。
ミズバショウ
2018/02/12 04:24
今年は近くの公園でみたいものです。お誘いもありましたがカメラマンの多さに「ごめんなさい」とお断りさせてもらいました。
あっ!熊
2018/02/12 15:00
kamiyanさん
そうですね。キとヒの違いですが大きな違いがあるようですね。

POPOさん
出会う機会が少ない鳥に出会えれば嬉しくなります。

ミズバショウさん
こちらのキレンジャクがそちらのヒレンジャクということでしょうか。

あっ!熊さん
その後はなかなか出が悪くなったら人も少なくなったようですのでチャンスかもしれません。
マイ野鳥図鑑
2018/02/12 19:02
今季はキがいい感じですね。対馬でも数か所で観察されています。
通信使
2018/02/12 19:34
通信使さん
少しでもキが混じっていてくれれば大喜びです。少ないのがいいですね。
マイ野鳥図鑑
2018/02/12 20:09
個人的には、初見はキレンジャクでしたが、やはり少数派のキレンジャクが貴重ですよね〜。私は今季ヒ、キともに出会えていません。
とりあえず鳥でも
2018/02/13 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
キレンジャクが1羽 マイ野鳥図鑑/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる